知っておきたい費用のこと

弁護士に頼むには何かと費用が必要になります。どのような料金の振り分けになっているのか知りたいのであれば、下記に掲載されているランキングを見てみるといいでしょう。

弁護士の見つけ方

弁護士

依頼するまでの流れ

普段、事故に巻き込まれないように気をつけても、交通事故などに巻き込まれてしまう場合があります。被害を受けて加害者に慰謝料を請求したい場合には、大阪にある弁護士事務所に相談すると良いでしょう。ここでは、弁護士事務所に依頼するまでの流れを記載しています。

READ MORE

弁護士費用にかかる料金のうち高いものトップ3

no.1

着手金

着手金は30万円から50万円とされており、弁護士と契約を交わした時に発生する料金となっています。ですので、このような高額な金額になっているので、1位にランクインしていると言えるでしょう。また、成功報酬も同様です。

no.2

接見費用

こちらは、刑務所に入れられている容疑者の段階で被疑者と直接会うことができるものです。近しい人が容疑をかけられている場合、この方法を弁護士に依頼することが可能になっています。また、2万円から5万円なので2位に入っています。

no.3

相談料

最後に3位に浮上しているのが、相談料金と言えるでしょう。これは、どのようなものであっても気軽に弁護士に相談を持ち掛けることができるシステムです。安い所で5千円かかり高くても1万円ほどなので、この順位になっているのです。

改善策は必ずある

男性

相談できる内容

被害を受けたり加害を加えたりしたものは通称、刑事事件となり弁護士に依頼しなくてはなりません。そして、その種類として相談が多いものが交通事故となっています。こちらは大阪などの都会では日常茶飯事となっています。交通事故に巻き込まれてしまった場合は直ちに警察に連絡を入れた後に優良な弁護士を見つけておくと有利に事を運べるのです。最近では、横浜や名古屋で増えている過払い金も解決してくれます。

法人でもOK

経理で働いていて、間違えた金額を支払いもしくは請求してしまったら、個人だけでなく会社も命取りになってしまいます。そういった場合は速やかに弁護士に相談するといいでしょう。こういった企業のトラブルにも対応しています。

広告募集中