依頼するまでの流れ|刑事事件は弁護士に依頼すれば安心して問題を解決できる

弁護士の決め手ランキング

no.1

実績が高い

サイトにはいろいろな似通った情報が多くなっていますが、実績を閲覧すれば一発で優良弁護士事務所を引き当てることから1位に選ばれているのです。ですので、ブログに表示されている実績数を確認してみるといいでしょう。

no.2

力量を重視

どのような事件であっても解決に導いたということを知れれば安心して身を委ねることができますよね?そういったことから、過去に扱った事件の難易度が高いところに依頼する人が多くなっています。

no.3

対応力

いくら優秀な弁護士だからといって、話し方がぶっきらぼうであれば、依頼主が不快な思いをしてしまうことでしょう。信頼関係が第一なので、電話や受付だけでなく相談時の態度に注目が集まっています。

依頼するまでの流れ

弁護士

まずは聞き取りをする

生きていれば思ってもいないことが起こり得ます。そのうちの一つに交通事故があげられており、日々テレビニュースで報道されているほど、誰にでも起こり得ることだと言えるでしょう。そして、自分が歩行者や運転手だったとしても、他人が違反をしていたら、途中で事故を避けることが難しくなってしまいます。日本では軽症の場合であっても、交通事故に遭った65%もの人が人身事故に繋がっていることが判明しています。また、事故とは無縁な35%の方でも、知り合いが事故に巻き込まれたり、現場に遭遇したことがあると回答しているのです。ですので、いつ自分が被害者になってもいいように弁護士に依頼する時の流れを知っておかなければなりません。まず事故に遭ったら加害者には名前、住所、電話番号、会社名やその連絡先などを聞き出しておかなくてはなりません。そして、その情報が誤りであった場合は、後々犯人捜しをするのにとてつもない時間と莫大な料金がかかってしまうので、免許証を見せてもらい偽りがないかどうか確認しておくといいでしょう。他にも、名刺があれば要求しておくべきです。加害者の身分を知ることができてたら警察を呼びます。

警察が来たらすること

警察が到着したら、担当者にことのあらすじを話すのが鉄則です。それを交通事故証明書に記入してくれるので、そこで初めて起訴することが可能になるのです。もし交通事故証明書がなければ、大阪で弁護士に依頼することができないので、保険金などを受け取ることができないのです。また、人身事故として提訴したいのであれば、実況見分調書を頼んでおくといいでしょう。そうすることによって、事実にすることが可能になるのです。そして、加害者の言い逃れを阻止するためにも、最初に個人情報を聞き出す時に、スマートフォンの録音機能を使って音声を記録しておくといいかもしれません。そうすることによって、動かぬ証拠にすることができ、ことを有利に運ぶことができるのです。また、交通事故に遭ってしまっても、目撃している人がいなければ信憑性が薄くなってしまいます。ですので、法廷で証言してくれる人を探し、尚且つ許可を取らなくてはなりません。第三者に公言してもらうことによって、事実を濃厚化させることができるでしょう。最後に、加害者がどういった保険に加入しているか確認しておかなくてはなりません。しかし、こういった事案は聞きにくいと思うのであれば、大阪に事務所を構えている弁護士に依頼するといいでしょう。

敏腕弁護士

大阪の病院に行って診断書をもらったのであれば、それを携えて弁護士事務所足を運ぶといいでしょう。しかし、どのような弁護士事務所を選んだらいいのか分からないという場合は、料金がハッキリしているところを選ぶのが良いでしょう。他にも、何度でも無料で相談をすることができる弁護士もいるので、そのような事務所で相談するといいでしょう。他にも、土曜日や日曜日はたまた夜間でも相談できる事務所もあるので、深夜しか時間が無い方でも安心です。

広告募集中